鹿児島県美術協会

協会史

県美展のあゆみ

県美展は昭和29年に鹿児島市立美術館の開館を祝い県内在住の美術家があつまり「奉祝美術展」を開催したことに始まります。

翌30年には初回出品者で「鹿児島県美術協会」を結成し、会員相互の親睦と美術の振興を図るため、総合美術展を開催しました。

第4回展からは新人の登竜門として、一般からの公募部門を併設し、以来地域に根ざした人材育成と美術文化の振興に寄与しております。

 

1(29)
術館の開館を祝い県内在住の美術家が集まり「奉祝美術展」を開催したことにはじまる。 
2 (30)
初回出品者で「県術協会」を結成し相互の親睦と美術の振興を図るため,総術展(日本画・彫塑・工芸)を開催 
4(3)
新人発掘のため般より公募し県美展賞を設ける。 
5(33)
会員努力賞を設ける。 
7(35)
デザイン・真部門を新設。 
8(36)  
公募の部に,知事賞・市長賞・県議長賞・市議長賞・南日本新聞社賞を設ける。
12(40) 
画・日本画・彫塑工芸・デザイン部門で開催。 
15(43)  
15周年記念展」巡回移動展を開催。 
19(47) 
審査委員長として,谷口鉄雄氏を招く。 
20(48)  
20周年記念展として開催し記念大賞を設ける員の部に知事賞県議長賞・市議長賞を設ける。 
25(53) 
25周年記念展」特別審査員とて山口長男氏を招 
30(58)
市立美術館新築工事始ま
31(59)
繋明館の開館を祝い「31回特別記念展」とし,特別審査委員として岡 末氏を招く写真部門を再設。黎明館と化センター会場で催。
33(61)
新装なった市立美術館と梨明館で開  
35(63)
35周年記念展」特別審査員として宮崎精一氏を招く。 
40(5) 
40回記念展 特別招待審査員として大内田茂士氏を招く。
45(10)
「第45回記念展」特別招待審査員として友添泰典氏を招く。
47(12)
黎明館、市立美術館、県文化センターの三会場で開催。
49(14)
国際交流部門を設けて、海外の作家の作品を展示。
50(15)
「第50回記念展」特別招待審査員として林紀一郎氏を招く。記念行事として奄美巡回展・日仏国際交流・記念作品集発刊・青空アートフェスタ開催。
51(16)
第一回会員小品展を同時開催(山形屋特設会場)
53(18)
ギャラリートーク、ハートフルギャラリートーク実施。
54(19)
ハートフルギャラリー作品展開催。
55(20)
「第55回記念展」特別招待審査員として安永幸一氏を招く。
58(23)
各部門とも会員の全員による審査を実施する。
第60回(25)
「第60回記念展」として開催する。
第62回(27) 
会員の部・公募の部・ハートフルの部、3つの柱で開催する。

      

トップページへ

当サイトで掲載されている写真・画像等の無断使用、無断転載を禁じます。ご利用にあたって
  

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP